運営会社

設立経緯

白鷹町では昔からヤナ漁が盛んで、戦前の昭和初期までは町内にヤナ場が三ヶ所ありました。

しかし、戦後ヤナ場は失われ、忘れ去られそうになっていました。

そんな中、白鷹の鮎をもっとみんなに食べてもらいたい、もっと白鷹の鮎をみんなで楽しみたいという想いから「白鷹町にヤナ場を復活させたい」と有志があつまり、ヤナ場の復元をはじめました。

その活動に共感した約200名の人たちが株主となり、白鷹観光開発株式会社を設立することになりました。

復元されたヤナ場では最上川で育った鮎が獲れ、地元の人達と訪れる人たちを喜ばせています。

また、秋には「しらたか鮎まつり」が開催され、毎年たくさんの人が鮎を楽しんでいます。

法人設立から約25年経った後に道の駅となり、県内外の観光客が訪れるスポットとなっています。

概要

名称 白鷹観光開発株式会社
設立 1984年7月12日
資本金 6,000万円
従業員数 11名
代表者 代表取締役 黒澤 利朗
本社所在地 〒992-0892 山形県西置賜郡白鷹町大字下山661-1
TEL 0238-85-5577 FAX 0238-85-5640

アクセスマップ

pagetop